『美育文化ポケット』とは『美育文化ポケット』バックナンバー『美育文化』バックナンバー購読しませんか?見本誌ご希望の方は


第18号 2018 Summer

表紙

しあわせな「三つのめあて」
児童文学者  岡田淳

 38年間、西宮の小学校で図工の先生をしてきました。
 あるとき、小学校というところにこどもたちを集めて図工の授業をするというのは、つまるところ何をめざしているのだろうか、自分はどういうめあてでやっているのだろうか、と考えました。自分のことばで整理してみたかったのです。すると、こうなりました。

①絵を描いたり物を作ったりすることが好きになること
②そのなかで、あの子やるなあと思えること
③そのなかで、自分もやるなあと思えること

 ことばにしてしまうと、いろんなことが考えやすくなりました。例えば、絵の具を忘れてきた子にどう言うか。これは自分がその子ならどうしてもらえば絵を描くことが好きになる可能性が高いかと、まず考えます。先生が絵の具を貸してくれるというのがいいんじゃないか。けれど、その子にはちがう考えがあるかもしれない。そこで「きみに絵の具を貸してあげたいと思うけれど、どうしたい?」と言 ってみる一ー。というふうに、教材や授業を考えるときや、こどもが何か質問してきたときなど、どうしようかと思ったら、この三つのめあてに相談することにしました。
 ①で大事なのは、ぼくもこどもたちもわくわくできる授業であること、②と③では、みんなそれぞれちがうからそれぞれのゴールもちがう、とわかりあえることがポイントでした。
 考えてみれば、このめあては「絵を描いたり物を作ったり」のとこ ろに「言葉を話したり聞いたり読んだり書いたリ」とか「数を使ってものごとをとらえたり考えたり」とか「音を聴いたり作ったり合わせたり」とかに変えれば、すべての教科での、しあわせな出会いにあてはまるなあと思っています。

教育評論家/法政大学特任教授/臨床教育研究所「虹」所長
尾木直樹さん
pocket interview

教育評論家/法政大学特任教授/臨床教育研究所「虹」所長
尾木直樹さん

自己肯定感は自己決定の中から生まれてくる。
そして自分で決めると、自己責任の感覚が強くなります。

…続きは本誌で

目次

1 しあわせな「三つのめあて」
岡田淳

2 pocket interview
尾木直樹さん
教育評論家/法政大学特任教授/臨床教育研究所「虹」所長

8 biiku-navi report
美育NAVI訪問レポート⑱
マイ・ストーリーズ
アートという学びの物語
赤碕こども園鳥取県東伯郡琴浦町
ナビゲーター:磯部錦司

6 curriculum design
カリキュラム・デザイン⑥
特集 箱はともだち
槙英子+馬場千晶+秋山道広

24 curriculum design
こどもと先生のおどうぐばこ

26 art in life
展示をたのしむこどもたち
秋山道弘

30 連載0・1・2歳児の生活と造形
夏 水に流せる夏を楽しむ

32 連載 材料再発見②
お花紙/鉢底ネット
槇 英子

33 pocket news
一家に一枚こどもの絵を飾ろう

34 exploration in to the art of infants
連載幼児造形の森②
ジャン ・ ジャック ・ ルソー 水島尚喜

35 word for children, word for art
連載こどものための、アー トのための言葉②
「身体」佐藤賢司

36 practice
実践ポケット【幼稚園】
物語から生まれたよ!
それぞれのロボットカミイ!
市川陽子

38 実践ポケット【小学校】
ひえひえブロックであそびましょ
河野愉平

40 実践ポケット【特別支援学校】
重度重複障害のある生徒が
主体的に取り組める美術の授業
太田望

42 drawing&painting こどもの絵を聴く
【幼児の部】若山育代

43 【小学生の部】木村早苗

44 Q&A
連載 こどもが育つ造形Q&A
黄瀬重義+小橋暁子




『美育文化ポケット』とは『美育文化ポケット』バックナンバー『美育文化』バックナンバー購読しませんか?見本誌ご希望の方は
このページのトップへ